2012年11月06日

IBMプロボノプログラム最終報告会に行ってきました!

CIMG7587.jpg CIMG7573.jpg

本日は、6月にキックオフをし、約5ヶ月間取り組んできた日本IBMさんのプロボノプログラムの最終報告会でした。プログラムは、各団体にIBMさんの支援チームについていただき、一緒になって団体の課題解決を図っていただくものです。各団体の課題に応じて、取り組む内容も変わります。当法人では、設立以来、必要に応じて積み上げてきていた間接業務の棚卸しをしていただき、業務の可視化と削減(効率化)にご協力をいただきました。

プログラムがはじまる前か高い評判を伺っていましたが、実際にプログラムに参加してみて、期待以上の成果に驚きました。正直、始める前は、「団体外の人に団体内の複雑な業務が理解できるのか?」、「団体で大切にしてきていることはきちんと考えたうえで対応いただけるのか?」、「アドバイスだけで終わってしまうのではないか?」という疑問を感じていました。

しかしそれは、全く不要な心配でした。地道なヒアリングをいただきながら、現場にも足を運んでいただき、非常に細かく分析をいただくところからスタートしました。その後のワークにしても団体の負担にならないようにと「一体、どれくらいの労力がかかっているのだろうか?」と思うほどの作業をしていただき口先だけの支援ではなく、本当に泥臭いところまでご支援をいただきました。業務時間外にも関わらず、全く遜色ない仕事ぶりで関わっていただいているIBMの皆さんプロフェッショナリティの高さには脱帽でした。けして遅れることなく、成果にこだわって考えぬいていただいていました。そのような方々と一緒に仕事をさせていただいたことで、私自身もすごく大きな刺激を受けました。この場を借りて厚く御礼を申し上げます。また、ぜひ、機会をいただければ幸いです。

(代表理事 岩切)




NPO法人夢職人のホームページ

ネイチャーキッズのホームページ

posted by NPO法人夢職人 at 23:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | IBMプロボノプログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも御疲れ様です。ただのボランティアではない、自らの専門性を活かす方法での社会との関わり方「プロボノ」というのは、サービスを提供する側にとっても自らの能力を活用して社会に貢献するという点でとてもやりがいを感じられる素晴らしいことだと思います。「プロボノ」という社会貢献の在り方が今後ますます広まっていくと、企業、NPO、個人といったすべてのステークホルダーにとって、充実した社会になっていくのではないでしょうか。私も日々の仕事の中で培った知識を求めている人たちに還元できるよう精進を積み重ねて行きたいと思います。今後ともぜひ頑張ってくださいね。応援しています。
Posted by 古代より愛を込めて at 2012年11月07日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。